株を買うメリットとは?

パソコンで仕事する男性

資産運用で最もリスクが低いのは、銀行に預けて利息を受け取ることです。
しかし利息はそれほど多くないので、銀行預金だけでお金を増やすことはできません。
銀行にもよりますが、1年間10万円を預けたとしても200円ほどしかプラスになりません。

株にはリスクがつきものですが、大きな利益を得るチャンスが転がっています。
銀行は預金者からのお金を他の人や企業に貸すことで利益を得ています。
預金という行動で銀行の運営を支えていますが、株主でないので特別な待遇を受けることはありません。
株の場合は数十万円投資しただけで、その企業が順調に成長すれば数万円になります。

株主が得られる利益は3つあります。
まずキャピタルゲインという値上がり益です。
10万円が20万円に値上がれば、10万円の利益を獲得します。
次に配当です。
インカムゲインと呼ばれ、株を保有するだけで配当金をもらえます。
そして株主優待です。
企業によって優遇される内容は異なりますが、その企業が提供するサービスをお得に利用できることが多いです。

さらに投資をすると、自分の人生を豊かにするというメリットもあります。
投資は資産を増やすか減らすかだけだと見なされがちですが、投資を通じて社会の流れを知ることができます。
経済は社会を大きく変化させるので、株価の動きを予想したり分析することは現実社会を把握することと同じです。
自分の予想が外れて赤字になったとしても、その理由を考えることで次のステップにつながり、より経済の流れを理解できます。
社会を知るために新聞やニュースを真剣に利用するので、経済以外にも政治や国際情勢など株価と関係する様々な事柄に詳しくなり、人生を有意義にします。